カテゴリー
未分類

全日本軟式野球大会、病院チームの活躍に期待!

社会人軟式野球の日本一を争う大会で、10月16日から20日まで、東京都内の8球場を舞台に行われる「天皇賜杯第76回全日本軟式野球大会ENEOSトーナメント」(主催・公益財団法人全日本軟式野球連盟、スポーツニッポン新聞社)に病院7チームが出場します。医療従事者を対象とした全国規模の野球大会である「東久邇宮杯 ジャパンメディカルリーグ軟式野球大会」(一般社団法人日本メディカルスポーツ協会主催)の開幕を来年に控え、病院チームの活躍が期待されます。

今年の大会には全国各地の予選を勝ち抜くなどした計55チームが出場予定。このうち病院チームは佐藤病院(山形県)▽筑波病院(茨城県)▽JA長野厚生連佐久総合病院(長野県)▽小泉病院(広島県)▽ひらまつ病院(佐賀県)▽熊本赤十字病院(熊本県)▽田中病院(宮崎県)――の7チーム。いずれも数々の大会で実績を残してきた強豪として知られています。全日本軟式野球大会は軟式野球界で最もレベルが高く、かつ歴史と伝統を誇る大会として毎年注目を集めています。